美人未亡人の喪服に献杯 原ちとせ

美人未亡人の喪服に献杯

夫の三回忌を済ませた美人未亡人のちとせが、亡き夫の遺影が見つめる仏壇の前で義理の弟に迫られ、その場で体を奪われてしまう。ダメと言いつつも体は正直なもので、2年もの間乾いていた体を義理の弟に潤してもらい、ヨガリ、感じまくる禁断の関係を描写。非常識ではしたないと戸惑いつつも、アソコの疼きは抑えられない発情中の美人未亡人が癒しと快楽を求め、股を開く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。